時短に役立つ

専業主婦が多かった時代、家の稼ぎ頭は男性で、家の中のことを受け持っているのは女性であった。
このため、男性は長い時間を仕事に費やすことができ、子供も勉学に励むことが可能であった。
しかし、家事を一人の女性が負担することは、その女性の行動を制限することでもあった。
女性の社会進出に加え、社会の不況により、家の中の全員が働きに出なければならなくなったとき、家事を行なう負担を女性一人に押し付けることに無理が生まれてきたのである。
東南アジアの女性は外で働く女性が多いといわれているが、屋台文化が発達しているため、外で食事をする人が多い。
このように、家事の負担は外のサービスで補うことができる。

そもそも、家事とは一人でも行わなければならないことである。
家事代行のサービスが増えてきたことで、独身の人でも家を快適にすることが可能となった。
例えば、色んな場所で移動して働く人がいる。
そんな人は、二つの場所を清掃する手間が出るということになるが、家事代行を利用すれば、清掃する時間を減らすことができる。
清掃や洗濯にかかる時間は意外とかかるものである。
家事代行という便利な制度を利用すれば、生活にかかるいろんな時間を減らすことが出来、他のことに時間を使うことが可能になる。
全て家事代行に任せれば当然費用もかかってくるが、任せる部分を決めることで、その分費用も削減できる。
家事代行は特別な利用方法ではなく、使い方次第で便利に、経済的に使えるものなのである。